リビングの階段から暖房の温かい空気が逃げてしまうので後悔しています

子供が出かけるときや帰ってきたときに、階段を使用して子供部屋に行くようにすると、いつ帰ってきたのかが分かると思いリビングに階段を持ってきました。

しかし実際生活してみると、冬に暖房をつけると温かい空気が全て2階に逃げてしまい困りました。

結局階段の一番下に、ロールカーテンをつけて温かい空気が逃げないようにしていますが、階段を使うたびにそのロールカーテンをめくって上り下りをしなければならないので面倒です。

玄関から上に行けるようにしておけばよかったと後悔しています。

ちなみに夏は、2階の冷房をつけると冷たい空気が下に流れてしまいます。

そのため、夏は階段の上部分に突っ張り棒をつけて、そこに大きな布を買ってカーテンのようにつるしています。

これで冷房効果はものすごく良くなりましたが、これも面倒です。

夏の大きな布、冬のロールカーテンを使わない、春と秋だけ階段周りがすっきりしていますが、それ以外はなんだか考えていたのと違うので後悔です。

もし過去に戻ったら、絶対に階段は玄関のところにあった方がいい!と自分にアドバイスします。

不動産屋はそういうメリットとリスクを知っているはずだと思いますが、メリットしか教えてくれない人は不親切だと思いました。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒さいたま市緑区の注文住宅